お店とお得度は違う? | 大手食品通販メーカーを徹底比較

便利なサービスを活用してみましょう!

お買い物に行けない日に便利!

サービスに差はある?

どちらも同じように配達時間帯が選べて、実店舗と同じお値段でお買い物をする事が出来ます。
配達はどちらのスーパーも自社便で行っており、いつもの店舗から直接自宅まで配送されるので、新鮮なお野菜やお肉などがお手元に届きます。
どちらの店舗も、カードでも現金払いでも支払う事が出来ますが、
イトーヨーカドーネットスーパーでは自社の電子マネーであるnanacoでの支払い方法は利用できません。
イオンネットスーパーではWAONカードを使用することが出来ます。どちらのスーパーでもポイントは溜まります。
どちらの店舗も新鮮なお野菜や肉を選んで入れてくれますが、イトーヨーカドーネットスーパーでは、新鮮なお魚の下ごしらえをしてくれるサービスを無料で行っています。
ネットでの注文受付時間はイトーヨーカドーネットスーパーでは23時間営業、イオンネットスーパーでは24時間営業です。

不在時の配達や配達料金はどちらがお得?

イオンネットスーパーもイトーヨーカドーネットスーパーも、配達料金は一律、一回につき330円かかります。
イオンネットスーパーでは配達時間帯により配達料金が安くなっている事があります。
イトーヨーカドーネットスーパーでは、公布から4年以内の母子手帳を持って「子育て応援キャンペーン」に登録すると、登録した日から4年間、配達料が102円になるサービスを行っています。
また不在時の対応についてですが、イオンネットスーパーでは不在時に玄関先に置いておいてくれる「置き楽」サービスを行っています。
イトーヨーカドーネットスーパーでは不在時には当日中であれば再配達が可能です。再配達の希望が無いとキャンセル扱いになってしまいます。
どちらもお得なサービスを用意していますね!


この記事をシェアする